FC2ブログ

Endless SHOCK に行って来ました

芸能ニュースや雑誌で見掛ける堂本光一君の舞台。
『エンドレスショック』
まさか実際に観に行く日が、来るなんて・・・。
これも光一君ファンである友人のお陰です♪


「観たら、すぐにでも感想を!」
と意気込んでいましたが・・・。
「十年も続いている舞台に、今更感想なんて・・・。」
と思い留まり・・・。
「いやいや、自分が残したいなら何でも良いのでは?」
と考え直しました。
そんなワケで、短いけれど感想を書いておきましょう。


あの晴れやかな舞台から、一週間も経過してしまいました。
ただ観に行っただけなのに、体力を消耗。
なら・・・出演者さん達は、一体どうなる!?
そんな事を考えながら、改めて役者さんの凄さを実感です。




   Endless SHOCK

      2010年2月28日(日) 夜の部
        午後6:00開演/午後9:20終演


帝国劇場 劇場へ入る前、軽く散歩。
 その時、撮影しました。

 「光一君もう中にいるよね?」
 「きっとパンちゃんと・・・」
 恒例の会話をして、歩き出します。
 
 帝国劇場での舞台は初。
 この場へ来れた事に喜びました。
 席に着くまでソワソワしていたかな。  



さて、今回の座席。
前から五列目だったのですが・・・。
一番端で、ちょっと泣けてきました。
(自分のクジ運の悪さが、また炸裂・・・)


スタッフさん達の声が聞こえて、若干焦るし・・・。
光一君達が舞台から外れ、隅に行くと多少全身が切れるし・・・。
でも出演者さん達がすぐ右側を通るのは、嬉しかったです。
良いか悪いか分かりませんが、友人は新たな視点で観察出来た、と。


帝国劇場2 自分は、初めて観たのですが。
 友人は、既に数回来ているよう。
 そんなワケで、観てる部分が違う!
 と感じました。
 ファンの皆さんは、二度三度は当たり前。
 いえ、毎年何度も足を運ばれているとか。

 舞台の内容や演出も頻繁に変わる・・・。
 という話も聞き、驚きです。
 それなら・・・何度観ても飽きませんねぇ。

 自分は・・・取り敢えず観るので精一杯。
 色々と友人に質問されましたが・・・。
 えーと。濃い意見を求められても・・・。 
 素人なんで、勘弁して下さいっ! 



印象に残っているモノといったら・・・。
まずは、あの有名な階段落ち!です。
と、その前に。
あの階段が、両サイドから動いて一つになるとは・・・。
「おおっ!」
変な部分で、一人声を上げていました。


ストーリーが進み、階段を上る度にハラハラし・・・。
「あっ!」
と声を出しそうになるのを必死に抑え・・・。
光一君は、階段から落ちられました。


そりゃあ、もう見事な落ちっぷりというか。
鮮やかな転がりっぷりというか。
あの回転といい、倒れ方といい、芸術的で美し過ぎました。
演技だというのに、本気でハラハラドキドキ・・・しますよ~。


それにしても、あの階段。
かなり急ですよね?
気のせいかなぁ・・・。
一つ間違えたら、大怪我をしそうな階段に見えました。
これを十年間転がり続けた光一君に拍手を送りたいです。


花
 説明は不要ですが、お花です。
 美しい胡蝶蘭ですね~。

 贈られた方々の名前がスゴイ!
 一番最初に目がいくのは・・・。
 やはり、森光子さんですよね。 


次に印象に残っているのは、あの空中遊泳です。
(正式名不明)
これは・・・体力とバランスと集中力が必要なワザですねぇ。
高いトコロが苦手な自分は、見ているだけで足元がガクガク・・・。
まるでサーカスに来ているかのような気がしました。
ドキリとしたのが、あの状態で二階席にまで行ってしまった事。
もし自分が二階席にいたら、どんな反応をしていたでしょう。


あとは、客席にまで役者さん達が来てくれたのも驚きでした。
特に光一君が、通路を駆け抜けて行った時には・・・。
「ハッ!!」
と声を出してしまい、あとで友人に、
「近くに来たワケでもないのに、驚き過ぎ!」
なんて言われてしまいました。
だって、ねぇ?光一君が客席にいるって感動しますよね。
しかし・・・自分の横を通り過ぎたら・・・心臓止まるかもです。(@_@;)


太鼓勝負(!?)は、「凄い!」の一言に尽きます。
あの辺も体力勝負でしたよね。
観ているこっちも一緒に、手に汗握るシーンでありました。
これを含め、日本風の雰囲気は素晴らしかったです。
曲といい、ダンスといい、衣装といい。
目まぐるしく変わっていく舞台は、激しかったな~。





アドリブとかは、分からなかったのですが・・・。
何となく、客席の反応や、舞台上での「?」な会話に「アドリブ?」
そう思える部分がありました。
あとで友人に教わり、「やっぱりそうだったのか・・・」と。
それにしても・・・頭突きをかましたヒロインには、笑いました。
光一君、本気で痛がってましたよね?


自分としては、早変わり?というかイリュージョン?
が凄かったなぁと思いました。
端っこの席だから、分かるかな?と思ったけど・・・。
何しろ初見なもので、全体を観るのに必死で分かりませんでした。
友人は、「仕掛けがやっと分かった!」と喜んでいましたが・・・。


元気良く始まった舞台も、ラストは・・・な感じで締め括られ。
「泣けました」・・・ね。
そして、そんなシーンすらも美しかったです。


満員御礼 他に気になったのは、やはり衣装!
 「また光一君が光ってる!」と叫びそうでした。
 光り物の衣装が、本当によく似合います。

 自分が一番好きなのは、黒い着物風の衣装かな。
 まぁどれもこれも素敵だったから、
 衣装トークは難しいですね。

 それから忘れてはいけない、歌とダンスと演技!
 最初から最後まで惹きつけられました。
 コレに関しては、帰宅して親に伝えていましたよ。
 そりゃあ、もう酷い興奮っぷりで・・・。  


観る部分が多過ぎて、全て語れないのが残念です。
でも斬新な舞台で、本当に楽しかった!
記念すべき年に行けたのもラッキーだったと思います。


パンフレット(バッグ付き)  ¥2,500 

パンフ バッグが付いてるのは嬉しいです。
 中身は、思った以上に充実。
 やはり十周年だったから!?
 
 でも、もっともっと・・・。
 舞台の写真が多いといいな。
 なんて思ったり・・・。 



CD売り場にて。
「一枚買ったら、ポストカード一枚付き」
というサービスがありましたが・・・。
ファンにとっては、困った企画です。
だって、大抵のファンは、CDやDVDを持ってますよね。


ポストカードは、何と三枚もあったので、三枚分のCD(DVD)が必要でした。
友人は「欲しいけど既に持ってるから」と悩み中。
これは、自分も協力するしかありません!
KinKi KidsのCDアルバムを一枚購入です!!
そして、友人にポストカードを一枚プレゼント♪
喜んでくれたので、良かったです。 
因みに友人は、シングルCDを二枚買っていました。


あと自分は、買わなかったけど・・・。
何となく気になったのは、写真です。
一枚五百円は、高いかなと思いますが・・・。
でも友人みたいに大ファンなら、買ってたかなぁ。
良い写真があったんですよね。
見ましたか?


光一スペシャル  ¥850

光一スペシャル 友人に連れられ行って来た店
 『そば処 しなの路』
 メニューには無い裏メニュー
 『光一スペシャル
 カッコいいですね。
 
 隣りの席の女性も頼んでいました。
 というか、店内殆ど!?だったかな。
 
 食べたら結構お腹一杯になりました。
 また行けたらいいな~。 


舞台後、心配だったのが、 です。
友人がKinKi Kidsファンの為、毎日KinKi Kidsトークは欠かしません。
そのせいか?
自分の脳内には、KinKi Kidsが住みついているようで・・・。
時々、お二人の夢を見てしまうんです。


今回、こんなにも素敵な光一君の舞台を観てしまったら・・・。
近々夢に出て来るかもしれません。
だけど友人に、「ファンでもないくせに見るな!」と怒られます。
毎日ビクビクしながら、眠りにつく自分です。
今のところは、見ていませんが、いつ見るか分かりません。
あ~、どうか夢に出て来ませんように・・・。
(普通は逆なんでしょうが・・・)



 あれっ?短い文章のつもりが・・・。
 予想外にも長くなってしまった・・・。


 
         ~ 完 ~

スポンサーサイト



テーマ : 堂本光一
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

※似顔絵ではありません

獅子乙女

Author:獅子乙女
救いようのないOTAKUです。
アニメが中心にまわってます。

漫画やゲームからも離れられません!
キャラクターに一日中萌えてます。
アニソンばかり聴いております。
声優さんを崇拝しています。 

人間として堕落しヤバイです。
ちょっぴり腐敗し危険です。
妄想が大好きです♪

「一般人の振り」
をしている隠れヲタクやってます。

ブログ開設十年!参加してみました♪

気が向いたら、宜しくお願いします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

※毎日更新が目標です

カテゴリ

▼コチラが古い記事となってます♪

月別アーカイブ

※なが~く続けられたらいいなぁ

ブロとも一覧


しまじろうアニメの検証と考察

リンク

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる