FC2ブログ

プライムビデオより⑪ 【映画感想】

残りの映画感想は、幾つあるんだろ?
さあ、頑張って書き切ろ~(^O^)/




白い沈黙 /111分 (字幕)
   <2015年公開作品> ※ネタバレ

失踪した娘を捜す父親の話。
ネットのお勧めにあった(多分)ので視聴。

頭が悪いせいかな…最初の方が分かり辛かった。
現在と過去が入り混じっているのもあるし…。
様々な視点から進み、誰が何の役か混乱する。
最初の方をもう一度見返した程だ。

娘が消えた時、車に鍵を掛けたのか?
あと「ちょっとの間」には見えんよ。
買い物とトイレなら数分を要する。

実際の誘拐も多いみたいね。
それがビジネスであり、組織もデカい。
自分は無関係と思わない事だ。
コレは映画だから救われたが…。
大抵は、帰って来ないでしょ。
異常者が居る現実に震える。

けど、大掛かりな仕掛けがあり…。
組織的な怖さも匂わせておきながら…。
犯人周辺の人物は少なく。
組織も出て来なかった。

ラストは、内容の割にササっと終了。
短い映画だから仕方ないけどさ。
結構ヤバメの話じゃ無かったっけ?
色々と消化不良過ぎるぜ!

親父が意外にも若いのは驚く。
そして無茶し過ぎで、心配した。

そうそう!
スケート少年との再会も見たかったのにな
期待し過ぎた自分が馬鹿だった。




インシディアス /102分 (字幕)
   <2011年公開作品>

『新居で怪奇現象が頻発し家族は…』
話と宣伝写真が好みだったので選択。

凄い!期待以上のコワ面白さ!!
話も筋が通っているし、理由にも納得。
映像と音の脅かしも、怖く無いが驚いた。
ラストはムズ痒いが、ホラーらしい最後だ。
自分的には、大満足だった(^^)

毎回思うが、向こうの家って豪邸よねぇ。
コレじゃ何が起きてもオカシクない!
けど随分ハッキリと視える霊達だわ。
途中から主張し過ぎて、怖くなかった

神父が活躍すると思ったが、即退場。
内容的には、そっち系なんだけどね。
あの人達を信じられないのは仕方ない。
映画では役立ったが…。
実際はアレだものねぇ…。
だからこそのラストなのか

ダルトンが可愛い!
よく一人で屋根裏に行ったね。
あと、話せない赤ちゃんが可哀想。
何度も泣いてたから怖かったのかな。

ダディに関しては、もっと頑張れ!
家族を守って、しっかりしろ!
と最初は思ったが、そういう事ね。
でもランプだけで暗闇歩くのは尊敬する。
「このイケメン誰?」と思ったら…。
『死霊館』の人か!
分からなかったよ~!

これって、シリーズだったの?
他も楽しめるのかしら?




リピーテッド /91分 (吹替)
   <2015年公開作品> 

粗筋分からんが、ジャケ写が気になり選択。
(数分字幕で観て、途中から吹替に変更)
あ!少し前に母がTVで観ていた様な気がする。
記憶保持出来ない女性が、真実を突き止める話。

凄く緊張感のある話で、自分好みだったわ~!
誰が正しいか分からず、怖かったもん!!
記憶維持出来ない人が主役って、ハラハラするね。
折角真実が見えて来ても、翌日消えるって困る。

こういう話は、全員怪しく見えるわ。
エンディング迎える迄、気が抜けなかった。
誰が悪いかって…お前だろー!!
↑ 突っ込みたくなるよね?

色々書きたいけど、ネタバレになるな。
あと、ちょっと疑問点が発生。
(特に電話の所が不明~)
解説サイト見て来なきゃだ。

宣伝ポスター、変な帽子だと思ったが…。
写真が散りばめられていたのね




あ~:;(∩´﹏`∩);:
なぜ五行から十行で、まとまらないの?
何だか知らんが、ウダウダ長くなるわ~

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

※似顔絵ではありません

獅子乙女

Author:獅子乙女
救いようのないOTAKUです。
アニメが中心にまわってます。

漫画やゲームからも離れられません!
キャラクターに一日中萌えてます。
アニソンばかり聴いております。
声優さんを崇拝しています。 

人間として堕落しヤバイです。
ちょっぴり腐敗し危険です。
妄想が大好きです♪

「一般人の振り」
をしている隠れヲタクやってます。

ブログ開設十年!参加してみました♪

気が向いたら、宜しくお願いします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

※毎日更新が目標です

カテゴリ

▼コチラが古い記事となってます♪

月別アーカイブ

※なが~く続けられたらいいなぁ

ブロとも一覧


しまじろうアニメの検証と考察

リンク

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる