FC2ブログ

殺戮にいたる病 【小説感想】

殺戮にいたる病  殺戮にいたる病

   著者:我孫子 武丸

   出版社:講談社
   (講談社文庫)

   1996年11月15日 第 1刷発行
   2010年 7月23日 第29刷発行  

≪簡単な粗筋≫
「永遠の愛をつかみたい」サイコ・キラー蒲生稔。
逮捕から始まる猟奇殺人犯の戦慄ホラー。


こちらの作品もネットにて情報を得ました。
やはり「ホラー」「怖い」等々、そんなワードだったと思います。
タイトルと内容に興味を持ったので、早速探して購入してみました。
作者先生は、有名な方らしいですが・・・。
お名前は・・・「うーん聞いた事あったっけ?」な感じです。
この世界に疎い人は、全員同じ反応だと思います。


「だまされた~!」というのが、読後の一言でした。
文章って、書き方により騙す事が出来るのですね。
良い勉強になりました。
けれど、頭の中が混乱しまくり状態!
もう一度、パラパラと読み直しです。
そして、作家さんの実力に平伏しそうになりました。
(おっと・・・これだけにしておこう)


内容に関しては・・・とんでもない話でした。
それと、グロテスクですね。
「うげええ!」と思うシーンが、所々に出て来て・・・。
本当に気持ち悪かったです。
グロいシーンは、映画や漫画で見慣れていても・・・。
文章では読んだことが無かったから、驚きました。
想像しながら読むと「口の中まで変な味がする!?」気がします。


それにしても・・・。
誘われたら、ひょいひょいついて行く女性はどうなのでしょう?
世間の方々もそうですが、ちょっと警戒心が無さ過ぎます。
何かあった後では遅いのに・・・。
まあ、全く考えないから、ついて行くワケですよね。
そういう女性が、この本のような目にあっても可哀想とは思えません。
自業自得です!


当たり障りの無い感想しか書けませんが・・・。
(内容がアレだし、ネタばれ禁止なので)
最後の最後まで、ぐいぐい引っ張られる内容でした!


*自分用読書メモ*

*感想/15冊目
*読んだ期間/7日間
*読書日/2010年9月読了
*空いた時間、夜に読書

※感想アップが遅れていた分

スポンサーサイト



テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

※似顔絵ではありません

獅子乙女

Author:獅子乙女
救いようのないOTAKUです。
アニメが中心にまわってます。

漫画やゲームからも離れられません!
キャラクターに一日中萌えてます。
アニソンばかり聴いております。
声優さんを崇拝しています。 

人間として堕落しヤバイです。
ちょっぴり腐敗し危険です。
妄想が大好きです♪

「一般人の振り」
をしている隠れヲタクやってます。

ブログ開設十年!参加してみました♪

気が向いたら、宜しくお願いします。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

※毎日更新が目標です

カテゴリ

▼コチラが古い記事となってます♪

月別アーカイブ

※なが~く続けられたらいいなぁ

ブロとも一覧


しまじろうアニメの検証と考察

リンク

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる