FC2ブログ

洗脳?警報?速報!

昨日、突如として鳴り響いた緊急地震速報メール
皆様の携帯は、如何でしたでしょうか? 


自分は、鳴ってはいけない場所で鳴り、肩身が狭い思いをしました。


最初は、耳慣れない音に一瞬「何だろう?」
その後、吸い込まれそうな音に洗脳されそうな気分になってしまい・・・。
「おっと、いかん」と我に返り、音の出所を探りました。


友人とは、顔を見合わせながら。
「どこかの機械から鳴っているのか?」
「パソコン?違うよなぁ。」
「えっ?携帯っぽい?」

なんて会話をしていたのですが・・・。
心の中では、ったく誰だよ~、マナーモードにしとけよ~
そんな事も思っていました。


一方、周囲では・・・。
「何だ?何の音だ?」
「誰だ?鳴らしてる奴は?」
「もしや俺か?私か?」

とソワソワ、キョロキョロ・・・。


で、冷静に周囲を伺っていた友人が一言。
「ねぇ、アンタから聞こえてくる。」
「えっ!?ウソッ!!」

そして、急いで携帯を見たら・・・。
自分だったので、ビックリしました。


この時点では、緊急地震速報メールとは知らなかった我々+周囲の人々。
友人には、チクリと言われてしまいました。
「チッ、自分で設定した音くらい覚えとけよ!」
うぐっ。( ̄■ ̄|||)


でもマナーモードにしてるし。
こんな音を設定した覚えも無いし。
何で、あんな派手で聞き慣れない音が鳴ったワケ?


そして、それが緊急地震速報メールだと判明し・・・。
急いで携帯の設定を見直したら・・・。
なぜか勝手にON設定になってました。
二ヶ月前に携帯を買ったばかりなので、設定してくれていたのでしょうか?


ちょっとした驚きを味わった一日でした。


あとで分かったけど・・・。
これって、自分達だけではなかったのですね。
一部のエリアで鳴っていたとか・・・。
安心しました。
いや、だって、周囲の視線が痛かったから・・・。~(>_<。)~ シクシク

スポンサーサイト



テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

久々に・・・。

先週くらいから、肌の調子が悪くなりました。
耳の後ろの皮が、剥けてしまうのです。
何となく気になり、取ってしまうとまた出来る、の繰り返し。


同じ時期に、足も痛痒くなってきました。
風呂で足を洗うとヒリヒリするけど、ちょっぴり痒い。
これは一体なんだろう?と少々疑問。


で・・・。
耳の方は、広がると言われた為、皮膚科へ行く事にしました。
この時、気になっていた足を見たら、同じように皮が剥けて赤くなっています。
「んー?蒸れてしまったのかな??」


それを友人に言ったら・・・。
「水虫だよ!」
と指摘され、ビックリしました。


いつも足は、清潔にしてるのに・・・。
家にいる時は、殆ど裸足なのに・・・。


軽くショックでした。


友人達には、
「足が汚いんじゃない?」
「うげっ、近付くなー!」
「ちゃんとオフロで足洗ってる?」

と散々言われてしまうし・・・。


それにしても、こんな時期でも水虫になるのですね・・・。
ううーっ、知らなかった~。(;>_<;)


そして今日、久々に皮膚科へ行って参りました。


耳の方は、薬を塗れば済みそうでしたが・・・。
足の方が、大変な事になってました!


なんというか、水虫の方より・・・。
前から出来ていたウオノメとイボが重症(?)のようで・・・。
急遽、こちらも取ることになってしまいました。


先生は、先の尖ったピンセット(?)らしき物を持ってきて・・・。


足の裏をガリガリ削り・・・。
自分「いっ、痛い!」
先生「はい、手をどかして~」


更に赤い斑点も水虫の疑いがあると皮膚を掘り(←ピッタリな表現・・・)
自 分「うわあっ!いたっ!」
先生達「くすくす」


イボの方は、液体窒素をジュージューあてられ・・・。
自 分「ひーっ」
先生達「はははっ」


軽い拷問のような治療されて、ぐったりでした。llllll(- _ -;)llllll


こういう痛みは嫌いなので、本当に辛かったです。
声を出して叫ばずにはいられません。。。
(にしても・・・先生達、笑うなんてヒドイよ~)


勿論、一日で終わる筈も無く・・・。
二週間置きに、当分通う事になりました。


またこの痛みを味わうのかと思うと・・・。
今から憂鬱でなりません。


しかし・・・一体誰から、感染したんだろう?
母は完治したと言っていたし、父は出来てないらしいし・・・。
うーむ。


怖いですね。。。
皆様もお気をつけて下さい。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

にゃんこい! 【アニメ感想】

   にゃんこい! / 全12話

        <2009年10月~12月放送>


この作品は、「猫好きには、たまらないアニメ」と目にしました。
でも自分は、動物全般が嫌いなため、当然猫なんて苦手だし触れません。
が!そんな人間でも楽しめるアニメでした♪
特に「猫と会話」する部分は羨ましく、喋ってる猫達は可愛かったです。
本当に動物が人間の言葉を話せたら、どんなに良いか・・・。
(まあ実際にそんな世の中だったら、大変ですが)
他人から見たら「にゃーにゃー」なのに、
潤平は普通に喋ってる場面が何ともいえないですよね♪


ところで、猫の呪いって・・・。
現実世界では、結構怖いですよね。
噂で聞く話だけでも震えてしまいます。
よく猫に悪戯をしてる輩がいるけれど・・・。
どうなんでしょうねぇ?
恐怖を感じたり、呪われるとか思わないのかなぁ・・・??
まあ気にする人だったら、そんなコトはしないか。。。


この作品はシリアス系の話でないから、面白おかしく呪いが楽しめました。
しかし、猫になるのは勘弁して欲しいかなぁ。
多分、猫好きの人でも猫になりたいとは思いませんよね?
あ、猫耳姿の潤平は、可愛かったです。
お札を貼った帽子もお洒落だったし、ずっとこのままでも良いかな、と。(⌒-⌒;)


好きな話は、加奈子がヤマンバメイクを落とした回。
こういうのに、弱いんです、自分。
「よしっ!」と拳を握り締めて観ていました。
加奈子は、女子の中で一番気に入ってます。
だから、彼女が出てくる回は全部好き!
出来れば、潤平には加奈子と良い雰囲気になって欲しいですねぇ。


全体的に話は面白かったので、他にも色々楽しめたのですが・・・。
一つ一つ挙げているとキリが無い為、やめておきます。
ただ、呪いを解くまで続きを観たい作品だったから、途中で終了したのは・・・残念
最近、こういったアニメが多いから、視聴者は困りますよねぇ。
特にアニメオンリーの人は・・・。(;>_<;)


それから登場人物。


物語の主人公である高坂潤平は、顔がカッコイイです!ヽ(#^-^#)ノ
それだけではなく優しくて、何だかんだと猫にも思いやりがあります。
素敵な子が主人公だと嬉しいですね~。
アニメは、やっぱりドキドキ感がないといけません。


女子では、先程述べた通り加奈子が一番ですが・・・。
もう一人(二人?)好きなのは、彼女(達)!
双子のツインテール姉妹!!
琴音と朱莉が、ビリビリきてます。
戸松遥さんの声が良い、というのもあるケド)
お祓いの戦い(?)時、潤平とのポッキーシーンは・・・。
あ~、こういうのにも弱いんですよ~。
微妙に興奮して観ておりました。


潤平が好きな水野は・・・。
何か変な子っぽいので、嫌いです。(スマヌ)
凪先輩は、面白いですよね。
友達に欲しいタイプでした。


そんなモノでしょうか。
続きが放送されたら「観たいな~」と思う作品でした。
(いつかやるのかな?)

テーマ : にゃんこい!
ジャンル : アニメ・コミック

けんぷファー 【アニメ感想】

   けんぷファー / 全12話
 
        <2009年10月~12月放送>


絵が好みなのと、(一部)百合っぽい雰囲気。
そして、臓物アニマルと瀬能ナツルを取り合う様が面白かったです。
中心である戦いは・・・どうでも良し。。。


しかし残念だったのは、話が途中で終了した事です。
締め括りの二期は、必要だと思いました。
あ、因みにいつもの通り原作は読んでいません。
というワケで、比較は出来ませんが・・・。
アニメオンリーでも楽しめる作品でした。


という事で、以下だらだら感想を・・・。


ストーリーは、どの回も面白かったです。
特にナツルを巡る話は、「本当は男なのに~」と笑いを誘いました。


それにしても・・・。
戦いの部分は、どうでも良かったのですが・・・。
思った以上に大きな力が働いており、ちょっとビックリな展開でした。


最終回では、「こうきたか!」と番外編的なキャラの話に驚きです。
だって、まさかの逆転キャラストーリー!
しかも、声は微妙に合ってるし!!
ん?
という事は、本編は11話でまとめられてしまった!?
だから余計短く感じたのでしょうかねぇ。


「キャラクターでは誰が好きか?」って、そりゃー勿論。
男女共に、瀬能ナツルです!
どちらの性別でも素敵だから、このコがいれば人生最高だと思います♪
井上麻里奈さんの声もピッタリで、カッコイイというか可愛いというか。
もう、彼(彼女)がいてこその作品だと思いました。

しかし・・・女性達にオムネモミモミ・モミモミ・・モミモミ・・・モミ(しつこい!)
激しかったですねぇ。 o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o  
でも確かに、あのボイーンな膨らみは、触ってみたくなります。


真の女性キャラで好きなのは・・・。
色々悩んだのですが、雫が一番・・かな。
最初は、よく掴めなく、信用出来ない子でしたが・・・。
ナツルとのデートで可愛さを発揮し、自分の中で急上昇
しかも積極的なキッスの嵐!!
ヤられました~。(* ̄。 ̄*)
ん?そういえば、よく見たら彼女・・・。
自分が好きな『黒系のロングヘア』ではありませんか!
やーっぱ、こういうキャラに弱いのねぇ。。。


沙倉さんは、外見は可愛いけど、どうも好きになれませんでした。
なんだろ・・・性格?に、イライラ。
そしたら、最後の方で、やってくれましたよ。(;-`д´-)ゞ
本当に嫌な子でした。
けど、あの“たくらみ顔”は、割と良かったです。
最初から本性見せていれば、そこまで嫌じゃなかったのになぁ。


それから、紅音ちゃん!
静と動の差が激しくて、楽しい子でした。
堀江由衣さんの声が、とっても合ってて面白かった~♪
自分の好みは、変身前の眼鏡ッコ!
一人突っ走った妄想が、たまりませんでした。


人物に関してはこんなモノでしょうか。
あとは、キャラではありませんが、臓物アニマルが可愛かったです。
普通に考えたら、気持ち悪い外見なのに・・・。
全然そうは思えませんでした。
声優さんが、良かったせいかもしれないけど・・・。
自分も欲しくなってしまいましたよ~♪
それからアニメ内で、声優さんの名前が出て来たのはビックリ!
なんでだろう?と思ってたら、原作もそんな感じなのですね。
知りませんでした。
ナイスな作品です。


オープニングは、明るく軽快なノリなので好きです。
カラオケで歌いたいなぁと思えるくらい♪(^-^)
エンディングは、頭に残りますよねぇ。
観た翌日は、曲と詞がグルグル回ってました。


これくらいでしょうか。
だらだら書き過ぎた気もしますが・・・。
ここで終わります。

テーマ : けんぷファー
ジャンル : アニメ・コミック

冊子を整理

アニメ関連の冊子って、意外と幅を取りますね。

あれもこれもと色々貰い、積んでいたら、山のようになってしまいました。

それが、至る所に散乱していまして…。

まとめたら、凄い量でした。

これはいかん!
と整理し、片付けすると少しスッキリ

相当幅を取っていたようです。

これからは、よく考えて冊子を貰おうと思います。

スッキリしました

今日は、美容室へ行ってきました。

随分前に予約をし、時間前に到着したというのに…。

30分も待たされ、イライラ(-_-#)

すいてるのに。
座って待ってるの自分だけなのに。

美容師さん不足でしょうか

安い上に腕が良く、自分に合う美容室ですが…。

時間にルーズな部分が、難点です


帰宅してからは、昼食後に片付けを予定。
…してましたが。

疲れて眠かったので、昼寝をしてしまいました。

起きたら夜の9時半。

一日が終了です。

片付けする時間ではありませんでした

明日こそは…頑張ろう

季節は二種類

寒いですね{{(>_<;)}}
朝から、震えてます。


皆様は、突然の温度変化に戸惑いませんか?

なにしろ前日が夏で、翌日が冬。

最近は、春と秋が殆ど無いか、短いですからねぇ

自分的に、寒いのは大歓迎ですが…。

こうも寒暖の差が激しいと、体が悲鳴を上げます

体調管理をしないと倒れそうです


皆様もお気を付けて

一時的に逝ってしまったようです

遂に、モニタが落ちるどころか…。

パソコンの電源を入れても、モニタがつかなくなりました。

強制的に電源を切りすぎたのか?

猛暑で中身がショートしてしまったのか?

素人の自分には、原因不明です。

書きたい記事が、たまり。

パソコンで見たいサイトやブログもたまり。

怒りと悲しみが、渦を巻いております


乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 【アニメ感想】

   乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ / 全12話

        <2009年10月~12月放送>


二期目という事で観ました。
前回と変わらずな感じで、面白かったです。


なかなか発展しない主人公二人の焦れったい動き。
そんな二人を優しく見守る妹やメイドさん達。
危険な台詞に惑わされる場面や、覗き見・・・。
チョコバナナは、非常に怪しかった!
オタクな描写も多々あり、安心(?)して観れました。


そんな中、アイドル騒動が良かったです。
どんな時でも、お互いを想い合う二人・・・。
強まる絆。
そして、周囲の結束と反撃。
最後には、スッキリしましたので。

それにしても、確実にアイドルになれてしまうほど・・・。
春香って、可愛いのですね。
そんな春香に愛される裕人って、羨ましい♪


もう一つは最終回。
あの山小屋でのシーンは・・・惜しかったですよね。
ドキドキしつつも、こういう時に邪魔が入るんだよなぁ・・・。
(;-`д´-)うわっ、やっぱりそうか!と残念でした。
そういえば、乃木坂パパさん。
浮気じゃないのに、可哀想でしたよねぇ。
そして、あんな強いパパさんが、ママさんには弱い・・・。
シクシク泣いている姿は、可愛かったです。


キャラクターでは、今回美夏が一番目立ってた気がします。
何といっても「みっかみか」ですからねぇ。(←笑った!)
(けど「みっかみか」って何?)
これも邪魔が入らなければ・・・いや、いや、ダメです!
裕人さんは、春香のモノですから。
学校に呼び出して、自慢してたトコロは、可愛かった~♪
クラスメイトの反応とかは、面白かったです。
まるで珍獣扱い・・・。
でも人気者でした。


春香は、頑張ってたかな?
今回は、裕人さんと結構接近してました。
ところで彼女の場合、恵まれた容姿よりも気になったのは・・・。
あの広い部屋です!
一体どれだけの本棚が置けるだろうと思いました。
いや、豪邸なら本専用の別室を造ってくれそうですよね。
お金持ちって良いな~♪(#^-^#)


裕人さんは、本当に優しくて素敵な人です。
その上、料理もマッサージも上手だなんてポイント高いですねぇ。
(あはんうふんのマッサージの回は、微えろで笑えました)
今期では、執事にアイドルのマネージャーにと忙しい彼。
学生だという設定をスッカリ忘れるほどでした。
平凡な高校生のくせに、結構モテモテだったし・・・。


男性キャラで、二番目に好きなのは信長。
高木礼子さんの声がピッタリで、可愛いです。
彼のオタクっぷりは、いつも最高です。
温泉旅行へ行ってまでもアニメのDVD観賞
と仰ぎたいですね。
もっと出番を増やして欲しい男子、ナンバーワンです!


最後に・・・毎回出るサブタイトルには、笑ってしまいました。
だって、全部・・・ねぇ?(あははっ)


テーマ : 乃木坂春香の秘密
ジャンル : アニメ・コミック

ついて行けません

今日は、友人の一言にがっかりしました。

日頃から、人の話を聞かず自分の話ばかりし、自己中で自分勝手な暴言ばかり吐く友人がいますが…。

会話の流れから、先日観たテレビの話をしました。

暫くその話が続き、楽しい会話をしていたのですが、突然友人が言いました。

「ねぇ、この話いつまで続くの?もう飽きたんだケド?つまんないから違う話しよ。さっきからずっとこの話ばっか」

一瞬、我が耳を疑い、聞き返したくらいです。

だって普段自分は、この友人のもっとつまらない話や悩みを一から十…いえ百まで聞いてるんです。
しかも、どちらかと言えば聞き役中心。
そして、数日から数週間に渡って続く同じ話題…。
それを文句も言わず、きっちりと聞いているのです。

なのに、これって酷くないですか?

あまりの自己中ぶりに、言葉を失い、以後無言。

友人の未来が心配ですよ、本当に。

ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ 【アニメ感想】

   ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ / 全13話

        <2009年10月~12月放送>


えー、自分は濃いオタクのくせに・・・。
擬人化が、全然分かってません。
ですから、これは理解不能というか萌え無いというか・・・。
「?」のまま、普通の目線で観ていました。
そもそも駅が擬人化って、何!?
・・・ん~、オタクなのに、こういう発言は、ダメですね。
もっと勉強せねば!!


そんな風に思って、観ていたアニメですが・・・。
友人達には人気で、かなり萌えたようですね。
「ミラトレ(ハァハァ)、ミラトレ(スゲェよ)」と、熱く語っていましたから。


それでは、冷静だという自分の『普通の感想』いってみましょうか。 




イケメンが、女性の悩みを解決してくれる!
という内容は、良かったです。
一話完結なのも見易いし、豆知識も面白いしで。
擬人化は置いといて・・・。
アニメを観てる分には、問題無く楽しめました。


本当に、ミラトレがあったら、乗ってみたいです♪
しかし、あんなにズラッとイケメンが待機してたら・・・。
緊張して、どうにかなってしまいます。
悩みを話すドコロではありません。
・・・ですよね?


全話共、良かった部分があったのですが・・・。
印象強いエピソードとしては。

●11話-『3年後のプロボーズ』
真夕の行動に、イライラしていたのですが・・・。
最後に、ウルッときてしまいました。

●9話-『男達のミラクル☆トレイン』
桜庭の言動に、やっぱり最初はムカっとしましたが・・・。
彼の持つ秘密と唯一の男性客でもあったので、面白かったです。

●13話-『聖夜の軌跡』
12話と繋がっているけど、最終話の方を。
何で子供が・・・とは思っていたけど。
いわれてみれば、そうです、駅ではなく乗客ですよね。
何だかちょっぴりジーンときたラストでした。
んー、でも最後のあの二人って!?

以上、3話分でしょうか。
そうそう、ミラトレ内での、彼らの会話も楽しめました☆


キャラクターで、好きなのは・・・。
六本木史です。
外見が一番カッコイイのと性格が気に入ってます。
をするなら、彼です。
友人に言ったら、驚かれそうですが・・・。
(声優では、小野大輔さんが好きなので)


で、次に好きなのは、大門哲也
一度しか出て来なかったのに、キャラが濃かったです。
あのワイルドさ!サングラス!!
一目惚れしますよね。
声は、井上和彦さんですし♪
メインキャラを喰いそうなキャラでありました☆


最終話のエンディングでは、過去の登場人物のその後(?)
が拝めて良かったです。
若干、忘れている人もおりましたが・・・。(^-^;)


今度、友人と会った時に語り合いたいと思ってます。
「古過ぎる!」
と怒られそうですがね。。。

テーマ : ミラクルトレイン~大江戸線へようこそ~
ジャンル : アニメ・コミック

アニメは順調に消化中

微妙に暑いですよね。

アニメを見てたら、ノドが乾きました。

我慢しなきゃ!
と思ったのですが、ムシムシしてたからダメです

カフェオレとりんごジュースをアニメを観ながら、飲んでしまいました。

外出しない日は、こういう物を控えなきゃいけないのに…。

顔が、また丸くなりました

限界30

ゼーゼー、ハァハァ。

落ち着いて考えよう。

パソコンのモニタ真っ暗現象は、室内が暑いせい。

ここ二日間は、正常に動いていた。

なのに、なぜまた真っ暗になる?
今日は、そんなに暑いか?

現在の室温、30.5度。
やはり、30度以上がパソコンの限界か!?

くっそー。
また電源押さなきゃです。
壊れちゃうよ~

書きたい事が、あるのになぁ

おんたま♪ 【コミック感想】

おんたま
 おんたま♪ / 全2巻
 
  著者:美麻りん

  出版社:講談社
  (講談社コミックスなかよし) 


本屋の新刊コーナーにて、「あっ、可愛い絵!」
と手に取ったのが、『おんたま♪』 2巻でした。
あれっ?でも1巻って、見掛けた事ないよなぁ・・・。
そう思って、1巻を探し、「うん、やっぱり読んでみたい!」と購入です。


< 感想 >

表紙の絵だけでなく、中身も可愛い絵柄でした。
少女漫画らしい雰囲気が、にじみ出ております。
昔の自分だったら、絶対大ファンになってると思います♪

(多分)子供向けの漫画ですが、楽しく読めました。
だって・・・登場人物は、全員中学生・・・。(;一_一)グフッ


漫画内で、歌声が形になったモノを「おんたま」と呼んでいますが。
これが超可愛くって、自分も見えたらいいのに~と思いました。
一人一人の持つ「おんたま」が、本人に似ているのもキュートです!


友情と恋愛が絡みながら・・・。
最後には、家族の秘密が明らかになっていくストーリー。
思った以上に面白い作品でした。
先輩は、カッコいいし、ネ。(*^_^*)
ドキドキしながら、読んでいけます。


そうそう。
作者の美麻先生は、託人(先輩)の顔が安定しないと書いておりましたが・・・。
いやいや、全然大丈夫ですよ。
それより何より、「初音のお母さんの顔の方がよっぽど安定してない」と思いました。
1巻の最初と2巻の最後とでは、もう別人ですから・・・。


甘酸っぱい気持ちを味あわせてくれる漫画でした♪


< 独り言 >

初の単行本らしいですが、本当に上手いです。
きっと相当な量の読み切りを描かれていたのか、な?
今後の新刊も楽しみだけど、過去の読み切り集も出して欲しい漫画家さんです。

テーマ : 少女漫画
ジャンル : アニメ・コミック

復活・・・??

このまま日本列島は、焼き尽くされてしまうのか!?


そう思った猛暑から一転!
やっと本来の秋と涼しさが、戻って参りました。 。+゚(゚´Д`゚)゚+。アリガタイ~ッ



自分と父上様は、パソコンのモニタ落ちの原因として。
『熱暴走VSコンセント』
で、二週間以上に渡り、対立してきました。


しかし、猛暑が終わらなければ動く事すら難しいこの環境。
涼しくなれば、きっと説得出来るから!と。
毎日、毎日、我慢を重ねて待っていました。
が、異常気象の暑さは引かず、気付けば9月の半ば。

もしや日本に、秋と冬は来ないのか!?
と不安になり始めた今週。
やっと、気温が落ち着いてきました。
良かった・・・本当に良かったです。
この涼しさが有難い!嬉しい!!最高だ~♪♪


じゃあ!行動を起こすぞ!!
「二度と猛暑になりませんように」と願いながら・・・。
昨日、リビングに置かれたマイパソコンの返却を求め、父上様と口論致しました。

熱に弱いパソコンを思えば、「暫くリビングに・・・」は、当然です。
しかし、あの異常な暑さは終了ですよね?
軽い喧嘩になりながら、ようやく父上様が折れてくれました。



というワケで、18日振りにマイルームへ設置されたパソコン
もう、愛しくて愛しくて・・・
丁寧にウェットティッシュで拭き。
厳重に取扱い、幾つものコードを差し込んで行きました。
※何度もやってると覚えるものですねぇ。
ラク~に進みましたよ。



そして、自分達は、「会いたかった~」とハグし合ったのです。(脳内にて)
お互い、涙を流し合っていました。
大事な親友みたいな物ですものねぇ。



再びパソコンとの同居生活が、始まりました。
やっぱり、部屋にパソコンがあるって良いですね。
「無いと生きていけない!」という事が、よーく分かりました。
18日振りなのに、半年くらい無かったような気すらしたので。



まだ、不安定かもしれませんが・・・。
取り敢えず、パソコンが戻って来ました~。
これで、ブログ生活が楽しめます♪
色々やりたい放題です。

多分・・・復活、です!!


そんな、『お知らせ』でした。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

TO 楕円軌道&共生惑星  【アニメ感想】

   TO 楕円軌道&共生惑星  / 全4話

      <2009年11月~12月放送>


昨年、テレビ番組表を見ていた時、福山潤さんの名前を発見しました。
「何だろう?コレ。録画しておくか・・・。」
と思って撮ったのが、この作品です。


観る寸前まで情報が無かった為、
「アニメ?声優トーク番組?」
全然分かりませんでした。
そうして、観てビックリ!
SF“3D CGアニメ”だったのですね~。
しかも、凄い出来!
「録画しておいて良かった~♪」と思いました。
(福山さんのおかげ


内容は、宇宙がメインの話で、結構濃い内容。
全4話ですが、「前後編×2話」。
二作品を楽しめ、飽きない作りでした。
「映像スゴーイ、人物もキレイだなぁ。
大変、主人公がピンチに追い込まれてる!」
と楽しんで観てたら・・・。
あっという間に終了!
4話分って、短いですねぇ。(ーー゛)
(実際は、二時間アニメなのかな?)


この中で印象強いのは、『共生惑星』のミサイルシーンです。
「もう、ダメだ~」と思ったら・・・。
ちょっと感動してしまいました。


現実の世界では、宇宙に行きたいと思いません。
宇宙に関するニュースにも、あまり興味がありません。
(↑人として問題か!?)

けれど、宇宙を題材にした良作アニメを観ると、かなり気持ちが揺れます。
「宇宙に行って住みたい!」なんて思い、移住している自分を想像です。
(↑言ってる事が矛盾してないか!?)
コロニーなんて、憧れます。

いつか「宇宙で生活」なんて、出来る日が来るのでしょうか!?
数百年、数千年・・・。
いや、その前に地球が滅亡してないと良いですね。


声の出演は、福山潤さん以外に、大塚明夫さん。
朴璐美さん、平野綾さん・・・と好きな声優さんばかり。
知らずに観たので、お得な感じがしました。
福山さんキャラは、カッコ良かったな~。(^^♪キャッ


エンディングが、好き系の曲でグラついています。
CDは、我慢するつもりだけど・・・どうしましょー。(*_*)


一つ残念だったのは、『ベクシル』が録画出来なかった事です。
ここまでチェックが及びませんでした。(;>_<;)
年末に放送してくれていたとは・・・。
録画番組を溜めると失敗も多いですねぇ。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

ささめきこと 【アニメ感想】

   ささめきこと / 全13話

      <2009年10月~12月放送>


まったりした雰囲気が漂い、ノンビリ観賞できました。
そして、百合作品だけど面白く、素敵な内容でもありました。
こういう話だとは知らずに観たけれど、楽しめたアニメです♪
どんどんアニメ化するのを望みます。


印象的だったのは、純ちゃんと汐のキスシーン。
するの?しないの?お面なの?
と、ドキドキして観てしまいました。
軽く切ない気もしたし・・・。
「練習なんて嫌だよー、いつかお面無しでして欲しい良いよ~」
と思ったのは、自分だけ?


もう一つは、同人誌作成のストーリー。
自分では作ったこと無いけど、気持ちがよく分かりました。
それと同時に蒼井さんが、部屋で大泣きするシーンは・・・。
観てるこっちも泣けてきましたよ~。。゜(゚´Д`゚)゜。ウワアァン
で、最後は折角頑張ったのに・・・。
「何なの!?あの仕打ち!」と叫びそうでした。
不幸が重なってしまう・・・よくありますよね。
全員、悪気があってやってるワケじゃ無いので、余計怒りの矛先が分からず・・・。
そして、徹夜(?)して作ったけれど・・・うんうん、これもよくあります。
このエピソードは、かなり良かったです。
「自分にも、そういう友人がいたら今頃・・・」と思って観てました。


他にも良かったシーンは、沢山あったけれど・・・。
終わらなくなりそうなので、二点のみに絞ります。


ストーリーだけでなく、キャラクターも魅力的でした。


一番は、やっぱり純ちゃんです。
背が高くて、黒のロングヘア(←自分弱いっス)で、空手が強くて、美人。
そして「女の子大好き」でイヤらしい妄想をするトコロが、良かったです♪
けど純ちゃんの想いが、汐に伝わらずチョッピリ切なかったな~。
心の絆は、深まってたみたいでしたが・・・。
それにしても兄三人が、全員同じ姿(!?)で笑いました。
顔の作りもイイ加減な気がしたし・・・。
あと純ちゃんの事が好きな親戚の男の子。
自分を見て欲しくて一生懸命だったのに、それが裏目に出てしまい・・・。
ああ、少年よ~可愛い過ぎるぜぇヽ(*´з`*)ノ。


お次は、汐です。
あの外見!純ちゃん同様、ムホムホしていました。
同じように、イヤらしい目つきで観ておりました。(ゴメンナサイ)
彼女のような人に好きになって貰えたら、とても嬉しいです。
ふむ。やっぱ色々考えたら、純ちゃんとカップルに・・・と願ってはダメですか?
汐の兄の蔵書には、自分のようで可笑しかったです。
保存状態は違えど、沢山の蔵書に囲まれている図は似ています。
彼の小説が、読んでみたいです。



最後は、朱宮君。
彼は、可愛くて好きでした。
百合作品なのに、「朱宮君とくっついちゃえ~!」と思うくらいに。
女装男子』、自分の周りにいないのは、残念です。
彼の妹がまた、「お兄ちゃんラブ」な感じなのも可愛かったです。
というか、妹に押し倒される兄って・・・(; ̄- ̄;)
そうそう、モデル名が面白いですね。


漫画も同じような感じなのかな?
少々気になってます。
買うかどうかは・・・分かりませんが。

テーマ : ささめきこと
ジャンル : アニメ・コミック

夏のあらし!~春夏冬中~ 【アニメ感想】

   夏のあらし!~春夏冬中~ / 全13話

        <2009年10月~12月放送>


『二期目』という事なので、入り易かったです。
人物を最初から覚える・・・という手間も省け、話に集中出来ました。


しかし前回同様、画面をしっかり観ていなければいけない・・・。
という当たり前の行動が今回も続き、少々辛かったです。
(他の事をやりながら観ているため)
更に、結構どうでも良いような一言が重要だったり・・・。
パッと流してしまうシーンが、後に生きてきたり・・・。
と、このアニメは無駄がありませんでした。
だから面白いのかもしれませんが。。。
自分は、動きが制限され、キツかったなぁ・・・。


ストーリー的には、終わってないなと思ったら・・・。
原作は、まだ連載中だったのですね。
最後、二人は、どうなるんだろう・・・!?
このアニメの最初は、回想するような感じで始まった気がしたけど・・・。
彼女達と別れた悲しみが癒された頃に、方舟での事を懐かしんでいるのかなぁ?
あらしさんは幽霊だし、昔の人だからハッピーエンドにはなりませんよねぇ。。。?
自分的には、幸せな方向へ行って欲しいのですが・・・。
無理そう、かな?
作者の小林先生は、驚きのラストを用意しているのでしょうか。
それとも、普通な展開・・・!?
サッパリ分かりませんが、最後が楽しみな作品です。


さて。
どれも面白かったのですが、今回注目したのはこの場面。
13歳のあらしさん」エピソードです!
ちょー可愛らしい顔と勇ましい姿に、萌えを感じました。
そして初恋の人が・・・フフフッ。
こういう有りがちな展開に、弱い自分です♪
やっぱり、二人にはハッピーエンドになって欲しいな~。(^-^)


あとは、潤君の大人化が良かったです。
将来は、あんな風になるのかな~♪
楽しみな子です。
でも今の男装も好き!


そうそう。
前回は、タイムトリップに時間を掛けていたけど。
今回は、行ったり来たり、パッと済んでしまいました。
時間の節約、有難いです。


人物では、やよゐの物覚えの悪さに爆笑でした。
「だって、今注文したよー」
と、思わず突っ込んだくらい。
恐ろしい程、記憶力が無い子です。
ああ、だから度々出てくるあの『ショートストーリー』でタイトルを忘れるのか・・・。
けれど、大和撫子系で好みの子だから、許せてしまいます。


二期目なので、感想はこのくらい・・・かな。
前回色々書いたので、今回は短めにしておきます。

テーマ : 夏のあらし!
ジャンル : アニメ・コミック

眠りました

今日は、夕方四時まで寝てました(-.-)zzZ

おかげで週の疲れが取れ、頭もスッキリ
元気いっぱいです

そこから昼食(?)を食べ、部屋に行ったら…。
自由時間が殆どありません。

微妙な一日を過ごしてしまいました。

でも暑いから、何もしたくないし。。。
丁度良かったかもです

静かに読書

秋が近づいている…からでしょうか。
それとも…遂に消化の時期がやってきた!?

最近、小説と漫画を少しだけ読むようになりました

ただ、他人と比べると…。
持ってる蔵書を見ると…。

読んでいる、なんて堂々と言い辛いですが(-"-;)

パソコンが自由に使えるようになったら、感想を書きたいです。

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

パソコンは自分の部屋でやりたい

色々と踏んだり蹴ったりで、毎日へこんでいます。
ハァ・・・二次元からのお迎えは、いつ来るのでしょうか? 


さて、熱暴走中のパソコンですが・・・。
未だ我が家の一階に、待機中です。
テレビは観辛いし、家族がいじってマウスを落とすし、
食べ物のカスは飛ぶしで、自分はイライラしています。


早く、自分の部屋へ戻してあげたいです。
でもパソコンにとって、リビングは涼しいので快適なのかな・・・。
父はネットのコードに原因があるというけど、絶対に温度です。


猛暑が終わり次第、自室へ戻そうと計画中ですが・・・。
一体いつ終わるの?猛暑って・・・と疑問。
異常気象の天気は、サッパリ分かりません。


書きたい記事が、どんどん溜まり、軽くストレスです。


それでは、今日。
ストレス解消と癒しを求めて、買い物して来ま~す♪
最早、説明は不要かもしれませんが・・・。
アニメイトとコミックコーナーのハシゴですっ! v(●゚v゚●)vルンルン♪

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

NANA2 【映画感想】

   NANA2 / ※テレビ放送より

        <2006年作品>


『NANA』は、アニメから入りました。
大人気と聞いていたので、「ふーん、じゃあ観てみよー♪」
軽いノリで観賞していたら、本気でハマり・・・。
アニメのDVDまで買ってしまいました。
矢沢あい先生作品は、卒業したハズなのに・・・。
そうは、いかなかったです。
原作の漫画は読んでいませんが、アニメの作りはとても良かったと思います。


で、実写映画はどうなんだろ!?
新参者ながら、心配していた自分でしたが・・・。
主人公二人がイメージ通りだったので、「選んだ人ってスゴーイ!」と感じました。
特に中島美嘉さんが演じる、大崎ナナはピッタリです。
そんな風に、最初の実写『NANA』をテレビ放送時に観てました。


時は流れ・・・。
去年テレビで『NANA2』が放送され、先日やっと観たのですが・・・。
「んー、やっぱり小松奈々は、宮崎あおいちゃんの方がイメージに合ってたなぁ。」
と思ってしまいました。
最初に観たから、というのもあるけれど。
アニメで観たイメージでは、宮崎あおいちゃんの方がしっくり来てたんですよねぇ。
勿論、市川由衣ちゃんも奈々っぽかったけど、可愛かったけど・・・。
奈々は、宮崎あおいちゃんです♪
どうして主役が、こんな形で変わってしまったのでしょうか?
まあ、原作を読んで無い奴が文句を言うなって話ですが・・・。(-”-;)スマヌ


ストーリーは、短い時間内でよくまとめたなぁと思いました。
大まかな話が詰め込まれていて、アニメでいったらダイジェスト版?っぽい気がしたけど。
話を忘れていたので、「そうそう、そんな流れだった!」と確認しながら観ておりました。
でも、何度観ても・・・別れのシーンは辛いですねぇ。(_ _。)・・・


そういえば、新宿でのライブシーンは、芸能ニュースで観ました。
「あの時ニュースで観たシーンが、こう使われるのかぁ」と、ちょっと感動。
撮影するのは・・・大変そうでしたね。(; ̄- ̄;)


映画のラストは、映画オリジナルな終わり方でしょうか?
アニメのラストは、続くような感じで、途中っぽいし。
漫画の方は、連載中断(休止?)でしたっけ?終わってませんよね。
そうなると・・・映画は、無理矢理綺麗に終わらせた様に見えます。
取りあえず、終わって良かったと思いました。


しかし・・・原作ファンは、どう感じているのでしょう。
周囲に『NANA』自体読んだり、ハマったりしてる人がいないので分かりません。
自分のように途中から入った、いい加減な人間は、普通に観てしまったけれど・・・。


いつか漫画を読むことがあったら、また感想を書きたいです。

テーマ : NANA2
ジャンル : 映画

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 【アニメ感想】

   DARKER THAN BLACK -流星の双子- / 全12話

        <2009年10月~12月放送>


最後まで観ても、結局前回のストーリー(『黒の契約者』)は思い出せず。(;>_<;)
難しい上に複雑でしたものねぇ。(←自分だけか!?)
ゲートが云々しか覚えていませんでした。
でも、今回のストーリーも同じように難しかったけど・・・。
作品内での専門用語や内容は、全て理解して観てないけど・・・。
とても惹き付けられるストーリー展開でした。
ロシアと日本を舞台に、能力者達が動き回り、派手に闘う!
・・・だけでなく、それ以外の生活や会話も自分好みで、楽しかったです。
欲をいえば、もう少し観たかったな~と思いました。


それにしても、不幸しかやってこないのか!?と思える内容にハラハラ。
親子、友人、恋人達に別れと死がやってきて、悲しい物語でした。
まあそういう話では無いですからね、仕方ありません。(ですよね?)



キャラでお気に入りは、ヘイ。
顔と木内秀信さんの声が、好きなのです♪
相変わらずアクションシーンもカッコ良くて、ドキドキしてしまいました。
しかし、確かに無口だったような気はするけど・・・。
あそこまで嫌な感じだったっけ?と思いました。
前回の最後に、何かあったかなぁ??
覚えていないので、です。
無精ヒゲ姿も素敵でしたが、やっぱり彼はヒゲが無く髪もサッパリした方が良いオトコ
ラストでは・・・どこに消えたのでしょう?


スオウは、可愛かったです。
「ボク」とか、花澤さんの声とか♪
追われて、逃げて、ヘイと旅(?)をして、闘って、と忙しい彼女。
時々描写される思い出は、単なる過去かと観ていたら・・・。
実は全く違い、明かされた真実には衝撃が走りました。
そんなの自分だったら嫌だなぁ。
と、悲しくなってしまい、スオウが可哀想になりました。
彼女の持つ能力は・・・スゴイの一言。
自分も、あんなライフルを一度ブっ放してみたいです!


ジュライも可愛い子でした。
感情が全く無い部分も良いけれど、徐々に現すようになる場面は感動モノ♪
個人的には、棺の中に入ってた時が一番好きです。
黒髪のカツラが、最高でした。
あ~一緒に連れて歩きた~い!


マオは、猫になったエピソードが拝めてよかったです。
まさか、そんな・・・と驚愕でしたよ~。~(>_<。)~
か、身体が・・・身体があぁぁ~と大ショック!
人間の時のマオ・・・リカルドでしたっけ・・・は、渋いオジサマで素敵でした。
なのに、もう戻れない・・・うーん、これも自分だったら、辛いです。
だけど、今のモモンガ姿は、カワイイ♪
モエモエですよね~。
足首フェチな部分は、素晴らしかったと思いマス。


シオンは・・・彼も可哀想な子だったと思います。
桑島さんの声が、彼の不幸さをアップさせていた気がします。
最期のシオンは・・・能力の使い過ぎなのでしょうか?
やけに顔が、アレでしたよね。


脇役ですが、探偵事務所の二人は良い味を出しています。
特にオタクなトコロが良いです。
電車内とコスプレのエピソードには、大笑い致しました。


またいつか、続きとかやるのかなぁ!?
その時は、勿論観るつもりです。(^-^)

テーマ : DARKER THAN BLACK 流星の双子
ジャンル : アニメ・コミック

そらのおとしもの 【アニメ感想】

   そらのおとしもの / 全13話

        <2009年10月号~12月放送>


第1話が壮大な話を予感させ、期待していたのですが・・・。
その後の展開があまりにもオバカで、最初の評価は『C』!
※C=自分には合わない・適当に流している・うーんなアニメ
絵は好みなのに、残念な事になってしまったと嘆いておりました。


何というか、一言で表すなら・・・。
「智樹のヤリタイ放題ドタバタえろえろラブコメディ」
こんな感じでしたよね。
「1話のアレはナンだったの?」と頭を抱えずには、いられませんでした。
まぁ別に、こいういう話は嫌いでなく、寧ろ好きなのですが・・・。
1話が壮大な物語風だったので、唖然としてしまったワケです。


ずーっとこんな感じなのかなぁ・・・。
思い切って観るの止めようかなぁ・・・。
でも絵が可愛いし、女の子のムチムチプルプル感が目の保養だしなぁ・・・。
と考えていた時、現れた救世主が彼女。
ニンフちゃんです!
彼女が登場してから、若干シリアス方面に話が傾き、面白くなってきました。
あとは、もう最終回まで楽しく観させて頂き、評価は『B』へ上昇♪
途中で断念しなくて、良かったと思います。


さて、ブツブツ文句を言っておりますが・・・。
笑える話は、沢山ありました!
特に好きだったのは、『智樹が女になる話』と『文化祭の話』です。
女になった智樹(えーと、トモ子ですね)の可愛いこと♪
銭湯で暴走しなければ、バレなかったかもしれないのに・・・。
と思ってしまった自分は、オバカでしょうか!?
文化祭は、意外にもイカロスの歌が上手くてビックリ!
智樹の前座(?)は、物を投げ付けたくなったケド・・・。


他にも銃撃戦での勝者には納得がいかず、「ずるいー!」と怒ってしまったり。
爆笑してしまったシーンや「そりゃないよ~」と突っ込みを入れたシーンなど・・・。
ドタバタ劇も一線を越えてしまうと、ツボに入ってしまうみたいです。
ええ、本当に“面白いお話し”でございました。
(何だかんだと気に入ってるみたいですね)


キャラで一番好きだったのは、勿論ニンフちゃん♪
ツンデレ性格と心の変化は、必見でした!
ストーリーも俄然面白くなりましたし、機能性があるという下着姿も美しかったですし、ネ。
シナプスの男に暴力を受けていたシーンは・・・こっちの心も痛みました。


イカロスは、プルプルのスタイルが最高でした♪
けど、あのボケっぷりが、ちょっと苦手です。
仕方ないと言われれば、それまでですが・・・。
最後の方での闘いは、カッコよかったです。(こういうの好き~)
そうそう、スイカを持ってる姿は、キュンっとします。


そはらは、かなり好みの女性ですが・・・。
あの性格がどうもなぁ・・・。
変人の部長(英四郎)は、結構良い奴だけど・・・。
何を考えているか分からない部分が多く、微妙です。
美香子は、素敵なお姉様なのに・・・彼女も少し変ですよねぇ。
強いトコロは好きです♪


スゴイなぁと思ったのが、エンディング。
兎に角、凝っていました!
歌と絵が毎回違い、キレイな曲や熱血な曲がいっぱいで、面白い作りでしたよね。
しかし、変わり過ぎたせいで・・・全然覚えておりません。
曲的には、オープニングが好きです



のんびりとマイペースで観ていたら・・・。
えっ!?この秋から第二期開始ですか?
あの続きが観れてしまうのですかっ??
(ワーイ♪♪)
非常に気になるトコロではありますが・・・。
観るのは来年(?)になりそうです。
録画してたらの話だけど。

テーマ : そらのおとしもの
ジャンル : アニメ・コミック

ギネ 産婦人科の女たち 【ドラマ感想】

   ギネ 産婦人科の女たち / 全9話

        <2009年10月~12月放送>


藤原紀香さんが好きなので、観ました。
今回の役は、産婦人科医
いつもと違う雰囲気の紀香サンに見え、まるで別人のようでした。
役柄のせいもあると思いますが・・・。
確かダイエットをし、痩せたんでしたっけ?
少々くたびれた感じが、良かったです。


『ギネ』が、産婦人科医の事だとは知りませんでした。
医療用語は、難しいですね。
まだまだ沢山あるようだけど・・・覚え切れません。
これだけでも医者ってスゴイなぁ、と思ってしまう自分です。


このドラマは、病院内での話。
妊婦さん達の話、等々。
毎回、観ていてヒヤリとするエピソードが多く、辛かったです。


特に、産後に亡くなってしまった母親の話はショックでした。
残された父親と子供が泣く場面で、一緒に涙したくらいです。


他には。
奇形で産まれてくる子。
障害を持って産まれてくる子。
産んでもすぐに亡くなってしまう子。
順調に育って、元気に出て来れる子供は良いけれど・・・。
そうでは無い子もいるんだという現実は、更に衝撃的でした。


しかし、子供を望んでも授からない夫婦もいる中・・・。
気軽に堕胎しに来たアホな若者には、腹が立ちました!
でも実際、こういう人間が多いのも事実ですよね。
世の中は、なぜ上手く廻らないのでしょうか!?


産みの苦しみが、酷く大変なのもよく分かりました。
そして、こんなにも厳しい思いをして産むというのに・・・。
最近のニュースでは、信じられ無い事が多すぎます。
「一人で産み捨てました」。
「出産後すぐに殺しました」。
「虐待して殺しました」・・・etc・・・。
おかしな世界になってしまったものです。


産婦人科医の、厳しい職場の現状も知ることが出来ました。
睡眠時間を削って、ギリギリの人数で働く・・・。
ニュースで聞いてはいたものの、ドラマで見ると危機感がより一層強く伝わってきました。
色々と勉強になるドラマだったと思います。


病院系のドラマの感想は難しいから、この辺で終ります。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

手元にある『きゃらびぃ』

今日は、アニメイトで貰った『きゃらびぃ』の整理をしていました。

中身を確認してから、捨てる…という簡単な作業です。
ヒョイヒョイ進むかと思ったけど…。

2007年くらいから溜め込んでいたので、凄い量でした。

結局、一日では終わらず…です。

もちろん、中身を見て…読んでいたから、というのもありますが


それにしても、数年前の記事なのに古くなく、変わらず面白かったです

オタク冊子って最高ですね~

のんびりだらだら

今日こそは、コミックリストの入力するぞ!

と思ったけど、無理でした。

この猛暑…。

クーラーの無い室内では、動いただけで汗がにじみます。

倒れます(;_;)

仕方が無いので、アニメを観ながら、買った漫画のチェックをしてました。

気付けば、真っ暗。
最近、暗くなるのが早いですね~。

明日こそは…。
リスト入力、出来るといいなぁ。


テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

生徒会の一存 【アニメ感想】

  生徒会の一存 / 全12話

        <2009年10月~12月放送>


「変わった話だなぁ」と思いましたが、面白かったです。
原作は全くノータッチですが・・・知らなくても見れました。
(こういうのがスキ)




一番最初は、「絵が苦手」「後半はどうだろ」なんて気がしたけれど・・・。
意外と自分のツボを刺激され、笑いが絶えず、最後まで楽しめました。
苦手と思ってた絵も「可愛いよ~♪」という変化ぶりです。(⌒-⌒;)


生徒会室での会話が多かった(印象)この作品。
その会話がテンポ良く、ボケとツッコミにも噴き出してしまい、自分は飽きませんでした。
あと、「えっ?出しちゃってイイの?」と思うような『他作品』などは、大爆笑。
そして、単なるギャグ系アニメだと思っていたのに・・・。
時々シリアスな話になり、ちょっぴりホロリ。(゚ーÅ)
全12話で終了してしまうのが、惜しいような気さえするアニメでした。



キャラで好きなのは、やっぱりキー君(杉崎鍵)。
こういう作品には珍しくイケメンだし、発言は面白いしで、出来ればハーレムに混じり・・・。(コホン)
チャラチャラしたアホっぷりな性格に反し、実は結構真面目でイイ奴だったのもポイント高し。
過去話は、置いといて・・・現在の彼は好きです♪


で、可愛いといえば、アカちゃん(桜野くりむ)。
頭の中身は幼児だし。
すぐ騙されそうになってしまうし。
生徒会での議題は、しょーもないし。
んもうイジリタイ!というか、弄り倒したいくらい可愛いかったです!!
知弦さんの気持ちが、よーく分かります♪


好みの女性では、勿論知弦さんです。
自分、黒のロングへアな御姉様にホンッと弱いです。
過去の話は、今とは違う雰囲気で驚きました。
ずーっと、あんな御姉様だと思っていたので・・・。


面白キャラだな~と思ったのは、真冬ちゃん。
キー君と少年の妄想やBL大好きな部分が、つい笑いを誘います。
美少女なのに、オタクというのも最高でした。


最後に主題歌。
オープニングは、頭に残る曲でイイナ~と思います。
エンディングは、わざと下手に歌ってるのが微笑ましいです。
CDアルバムは・・・買うかどうか、迷ってます。


また、こういう感じのアニメが、観たいです。(^-^)

テーマ : 生徒会の一存
ジャンル : アニメ・コミック

「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記 【小説感想】

「少年A」  「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記
  
   著者:「少年A」の父母

   出版社:文藝春秋
   (文春文庫)

   2001年7月10日 第1刷
   2009年7月25日 第21刷 


去年、書店をふらついていた時に見つけました。
「少年A?」まあよく聞くけれど・・・。 
軽い気持ちで手に取り、ドキリとしたのを覚えています。
え・・・あの神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗?


普通の小説だと思ったのに、実際にあった事件の両親が出した本・・・。
ちょっと前に、被害者側の本を読んだ為、加害者側の本も気になりました。
パラパラめくると読み易そうだったので、「じゃあ・・・」と購入です。


読んでいる最中、読み終えた後・・・と様々な感想が頭の中を駆け巡りました。
沢山の気持ちが溢れては消え、衝撃も大きかったので、暫く呆けてしまった自分。
報道された事件への感想なんて、軽々しく発言出来ないから難しい・・・どうしよう。
悩んでいる内に、あっという間に時が経ち、ブログアップが大幅に遅れてしまいました。


連日、ニュースで目にする殺人事件。
被害者と加害者には、勿論家族がいて・・・どちらも苦しみが大きいと思います。
色々な事件を聞く度、「両方の家族が辛いよね」と、いつも母親と会話をしているので・・・。
この本から、伝わるモノも大きかったです。


人を殺したら、「はいオシマイ!」・・・のワケがありません。
一瞬の感情は、一生の苦しみに変化します。
そして・・・世間の攻撃は、自分だけが背負うだけでなく、家族にまで及びます。
この本は、日本を騒がしている人殺しの犯人が自分の我が子だった・・・
という内容の両親の手記でしたが、自分はとてもショックを受けました。
もし、ある日突然、自分の家族が殺人犯で逮捕されたら・・・?
今の生活が全て壊れてしまい、「隣人・友人・知り合い」全ての人との縁が切れると思います。
外を歩けなくなる事態も想像すると立っていられず、本当に怖かったです。


読む前は、「少年Aの家族環境が悪い」と思っていました。
でも・・・彼らは、どこにでもいる普通の家族でした。
そんな一般家庭の子供が、幼児を残忍な方法で殺す・・・。
一体、彼に何があったのか!?どうして心が魔に喰われてしまったのか?
でも、この本は、少年の深層には触れておらず、結局よく分かりませんでした。
ただ、読んでいたら、もの凄く心が痛くなり辛かったです。


加害者に味方をするつもりは無いけど、よい本でした。
人を殺したら自分だけ責められる訳では無い・・・。
よく覚えておいた方が、良いと思います。
それでも連日のように報道される殺人事件・・・。
周囲の苦しみを考えると・・・言葉が見つかりません。


*自分用読書メモ*

*感想-7冊目
*読んだ期間-5日間
*読書日-2009年9月読了
*空いた時間、夜に読書

※感想をアップし忘れていた分

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

乙女アプリな友人

オタクではない一般の友人S。

もうずーっと、乙女アプリにハマッているのですが…。

いつも、途中経過を話したくてウズウズしているらしく。

話す機会があると必ず、乙女アプリの流れを事細かに語ってくれます



今日も
「まだ教えてない部分があった!」
というので…。

「簡単に、起承転結だけでいいよー」
遠回しに、短めにお願いしたら…。

「ふぅん、それだけでいいの?」
なんて寂しげに答えながら…。

きっちりと全ての流れをカットせずに、30分以上語ってくれました。

「ここで終わりなんだよね」

そう聞いた時、心の中で、やっと終わったかとホッとした自分。
(嫌な子ですか?)

友人は、良いシーンばかりだったので、カットしたくなかったと言っていました。

オタクなら分かるけど、普通の人なので不思議です。

そのあとは、スチルを見せてくれ、萌えな時間を過ごしました。

まあ一般人相手なので、「萌え~」とは言いませんが。

オタクな友人だったら、もっと妖しい濃密な会話が出来たのになぁ…。

と思ってしまったのは、内緒です

プロフィール

※似顔絵ではありません

獅子乙女

Author:獅子乙女
救いようのないOTAKUです。
アニメが中心にまわってます。

漫画やゲームからも離れられません!
キャラクターに一日中萌えてます。
アニソンばかり聴いております。
声優さんを崇拝しています。 

人間として堕落しヤバイです。
ちょっぴり腐敗し危険です。
妄想が大好きです♪

「一般人の振り」
をしている隠れヲタクやってます。

ブログ開設十年!参加してみました♪

気が向いたら、宜しくお願いします。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

※毎日更新が目標です

カテゴリ

▼コチラが古い記事となってます♪

月別アーカイブ

※なが~く続けられたらいいなぁ

ブロとも一覧


しまじろうアニメの検証と考察

リンク

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる