FC2ブログ

シン・ゴジラ 【映画感想】

先日アップした日記にも書きましたが・・・。
モンストのコラボで、ゴジラに触れ・・・。
テレビの映画紹介時に・・・。
「モンストでコラボしてた~キャラ一緒だ~映画観たいかも~」
と初めて映画が気になり、ゴジラに興味を持ちました。


その後、『シン・ゴジラ』が庵野監督だと知り・・・。
エヴァとゴジラの繋がりが判明し・・・。
恐竜好きの後輩Yちゃんに、話してみました。
「モンストでエヴァとゴジラのコラボがあった。
ゴジラの宣伝見たら気になり、映画も大人気。
モンストから入った人も交じってると思う」



するとYちゃんからの返事が・・・。
「映画の評判はいい、エヴァ好きは観た方が良い。
繋がりがあるとか無いとか、でも妹は興味が無い云々・・・」



これは脈有り!食いついた!!
恐竜好きのYちゃんなら、言うと思った!( ̄ー ̄)ニヤリ
「じゃあ映画を一緒に観に行こう!」
「私も興味ある~一緒に行きますか?」

そんな流れで、Yちゃんを引き込む事に大成功!
『シン・ゴジラ』を見に行く事になりました



シン・ゴジラ / 119分
   <2016年公開> ※感想はネタバレしてる・・・気がします~

シン・ゴジラ パンフレット
 シン・ゴジラパンフ
  (850円)

 ←少し輝かせてみた   
    

映画は絶対混むので、予約をすることにし。
色々調べ、結構大変でしたが、どうにか予約完了。
アキバへ遊びに行く時、観に行く事に致しました。
でも予定がキツキツで、間違えて違う駅で降りたりと。
TOHOシネマズ日本橋に到着したのは、ギリギリ!
発券し、トイレに行き、場内入ったら真っ暗でしたわ


さて、初ゴジラ映画だった為、自分はゴジラについて何も知りません。
モンストのコラボで見ただけ・・・というワケで事前知識としては。
「ゴジラは、見た目からして悪そうだから悪者!」
「モンストで沢山出て来たから、多分他の怪獣と戦うのだろう」

という事くらいでした。


そして実際に観終わって、思ったのは・・・。
「やっぱり悪者だったな、ゴジラ」
「でも何しに、やってきたの?目的は?」
「沢山怪獣が出て来ると思ったけど、たった一匹?」
「可愛い怪獣が出ると聞いたけど、居なかったよね?」
「歯がギザギザでキモッ、腕が短くないか?」
「ヤバそうな事もチラホラ出てたが映画だから許される?」

疑問が増えた気がします


感想としては、面白かった!この一言に尽きます。
今現在、本当に日本にゴジラが上陸したら、こんな感じになる―!
というのが表れておりました。
政治家の遣り取り、遅い決断、責任の擦り付け合い、前例が無いから・・・等々。
アメリカの介入や核投入も確かに予想が付きますねぇ。
国民の反応もスマホ片手に撮影とか、ネットの書き込み・・・笑いました。
危機感ありありで、ヤバいのに楽しんでる若者とかも居て、
日本人の表現が上手だな、と。


自衛隊と何だか分からん部隊から色々出て来て・・・。
ヘリや飛行機のミサイル打つシーンも凄かったですわぁ。
街が壊れて行く場面もリアル過ぎて驚きました。
どれが特撮で、何がCGか、全然分からなかったし・・・。
って、自分の通勤圏全て全滅してて笑ったwwww
挙句、行動範囲にもゴジラ現れて、全部ヤベーってなったwwwww
ゴジラビームすげぇですな・・・ガクブル(((ノ)゚Д゚(ヽ))))ガクブル
モンストで見てた通りでした。
しかし、ラスト。
実際アレで撃退出来るものなのかねぇ?
そこがちょっと気になった(;´▽`A``


ゴジラフィギュア byヨドバシ
 ヨドバシにあったゴジラフィギュア
 記念に撮影
 
 背景が売り場なのでマズイかな・・・
 と思い、キラキラさせて隠してみた
 これで載せてOK・・・だと思う

 ちょっと神々しいゴジラになっちまった   



そうそう、最初に出て来たゴジラはキモかったけど・・・。
進化していく内に、カッコ良くなった気がします。
モンストでピッタリなコラボだと再確認(やっぱりソレかww)


あ!観に行く前テレビで仕入れた情報。
小さくて可愛いゴジラ(カマタ君)が出ると云う事。
でも見掛けなかったから、後で後輩Yちゃんに聞くと・・・。
「最初に上陸して来たゴジラの事だよ」と。
工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエエ工!マヂっすかあぁ?
最初の目玉ギョロギョロしたキモイのが、カマタ君ー??
アレが全国のファンを賑わしているとか・・・!?(;´Д`)
いやいやいや、皆待ってー!
メッチャ気持ち悪いぜぇー?
そして色々ネットのイラストを見せて貰ったケドさー。
「こんな可愛くねぇ!もっとキモかったー!」とビックリしました。
「ファンには、こう見えてるンですよ~(ノ´∀`*)」ですってー!
うそ~ん( ̄■ ̄|||)
皆の眼は、どーなってんだー?


最後のエンドロールを見るまでも無いけど・・・。
沢山の人が関わっていて、これも驚きの一つですねぇ。
登場人物が多過ぎて、把握出来ない程でしたよ。
有名な人もチラッと出て消える、使い捨てっぷりがスゲぇッス。


キャストの中では、竹野内豊さんファンなので、主役級で嬉しかった~♪
あの渋さ、たまんねぇっすわ~ 唯一の萌え~
Yちゃんは、長谷川博己さんファン!
お互い押しメンが居て良かったねと話してました。
女性では尾頭さんが、我々の心を掴みました。
最後に笑顔を見せるのも可愛いですよね~
ルー並の日本語+英語のカヨコは、イラっとし、大不評(笑)


エヴァとの共通は、作戦名が似てたのと・・・。
エヴァの曲にしか聞こえない例の音ですかねぇ・・・。
他にもあったっけ?


ヒット云々関係無しに楽しめたのは良かったです。
そういや、タイトルの『シン』って、どういう意味だろう?
他にも色々突っ込みたい所があったけど、忘れました。
観ながら、話したい映画でしたわ。


これを機に、他のゴジラシリーズも観てみたいなぁ。
恐竜好きのYちゃんは、やっぱりというか、意外というか・・・。
過去のゴジラシリーズも幾つか観ておりました。
でもって、今回のはいつもと違うと申していました。
気になる・・・いつかテレビで放送して欲しいな~と思います。


感想、書き足りないけど・・・。
思ったより長くなったので、終わりに致します

スポンサーサイト



テーマ : シン・ゴジラ
ジャンル : 映画

オール・ユー・ニード・イズ・キル 【映画感想】

LINEマンガの試し読みで気に入り、観に行くことを決意!
先日、後輩ちゃんを誘って映画館へ行って参りました
※忙しくて、アップするのが遅れた


   オール・ユー・ニード・イズ・キル  All You Need Is Kill / 113分

      <2014年公開作品>


予告でもある通り、「戦って→死んで→目覚めて→戦って・・・
同じ日を繰り返して、敵であるギタイを確実に殲滅していく話が、ツボでした。
面白いのは、死んで目覚めると前回の記憶と戦闘能力・技術がそのままで・・・。
自分の能力を引き上げ、死ぬ度に強くなっていくのが気持ち良かったです。


All You Need Is Kill① 
 ←チラシにもありますね。
 死んだ数だけ強くなる!

 日本人原作というのも凄いわ!
 これを機に今後も映画化頼む!! 



同じ日を繰り返していく内に・・・。
どうでも良い台詞は、先に言ってしまったり。
訓練を上手く抜け出し、自主トレに励んだり。
前回とは別行動を取り、新たな情報を得たり。
先手を打つ立ち回りや台詞で、
同じ日でも全然違う展開になるのも良かったです。
まぁ、戦場に行き、死ぬ---。
という場面は変えられませんが・・・


  All You Need Is Kill④ 
 ←もう一枚のチラシ
  
  本屋にあったのを頂いてきました。
  これを読んでいたら、原作も気になる~♪
  まぁ時間無いから読めないけど・・・。
  
  関連本が出たら・・・いや、出てるのか?
  買いたいと思います。  



物語が進むにつれ、段々とギタイの倒し方を知り。
実行に移すため、奮闘するのもドキドキしました。
今回出来なければ、次回でまた挑戦!なのも、ね。
しかし、途中から・・・。
そして、ラストは・・・。
もう、どうなるか全く不明だったので、緊張しました~
(ネタバレしてないよね?


なんつうか・・・。
戦争やるなら、ワケの分からん宇宙人だよね。
って思いますわ。
人間殺すより、こういうギタイをブっ殺した方が遥かにイイ!
ま。実際は、こんな宇宙人が攻めてくるとか無いからねぇ。
人間相手になっちゃうけど・・・


いやぁ・・・兎に角!
すっごく好みのストーリーだから、観て良かったです

続きを読む

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

源氏物語 千年の謎 【映画感想】

先週の土曜日。
知り合いにチケットを頂いたので、映画を観て来ました。


源氏物語 パンフ

 源氏物語 千年の謎 

    <2011年作品 / 2時間16分>

 ※知識が乏しい子の感想  


『光源氏』については、勉強不足です。
その為、少ししか知識はありませんが・・・。
二年くらい前にアニメの『源氏物語千年紀』を観ていたので、
どうにか、ついていけました。


観終えて思ったのは・・・。
物語の中は、かなり早く時間が過ぎ。
『光源氏』を知っていること前提に、話が進んでおりました。
そして作品が書かれた時代、紫式部の話も進行していきます。
紫式部の現実世界」と「光源氏の空想世界」が交互に出て来て。
更に、それが交錯するので、知らないで観るのは辛い・・・かと。


一緒に行った母は、
「ずっと昔に少し読んだだけだから、話が分からなかった」
と申しておりまして、「眠くなった」・・・らしいです。
自分は紫式部の事を知らないので、そこだけ微妙に置いて行かれました。


まぁ、そんな内容でしたが・・・。
平安時代の世界を味わえたのは、良かったです。
特に、『』が素晴らしかった!
衣ずれの音、笛の音、石を踏みしめる音、自然の音・・・。
雅楽のシーンは、とても心地良い気分になれましたし。
華やかな世界を観て満足し、聴いて楽しめたと思います。


他の内容は、もう、光源氏だから仕方ない・・・。
この時代に生まれなかった事を感謝せねば。
そんな感想しか出て来ません。


生田斗真君が光源氏というのは、とても合っていた気がします。
彼のドラマを観た事が無く、写真でしか知りませんでしたが・・・。
あの容姿なら、光源氏役は納得。
数多の女性が、彼に心を奪われ、一夜を共に・・・。
というのも分かりました。
はい、自分もフラフラ・クラクラしてしまいます!
相手には、されないだろうけど・・・。


あ。藤原道長役の東山紀之さんも素敵でした~。
紫式部を無理矢理、なシーンは・・・。
「キャッ」と思いつつ、魅入ってしまったし。
顔を出さずに面をして現れるシーンもゾクゾク。
おヒゲな東山さんもカッコ良かったです。


紫式部役の中谷美紀さんは、
落ち着いた雰囲気と優しい声が聴き易かったです。


意外に合っていたのは、六条御息所役の田中麗奈ちゃん。
観る前に友人達が、「何コレ!合わないよー」と言っていましたが・・・。
キッとした表情と才女な風格。
生霊となった時の恐ろしさと不気味さ。
自分は、彼女がハマり役だと思いました。


気になっていた映画だったので、
ただで観に行けて得しました~。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

借りぐらしのアリエッティ 【映画感想】

ジブリ作品だから、観てみたいケド・・・。
あまりTVで宣伝を見ないから、面白いのか分からないな。

でも、ネットで見たら、絵は綺麗だし、話は良さそうだし・・・。
どーしよー。(ーー゛)

迷っていたら、知り合いからチケットを貰いました。
公開前日に・・・。


アリエッティ パネル

 借りぐらしのアリエッティ

    <2010年作品 / 94分>

 ※少々編集してみました 


やっぱり、ジブリアニメは面白~い♪
行く前の心配や迷いは、どこへやら・・・。
大満足して、帰って来ました!


●一般的な、まともな感想●


』は、言うまでも無く、本当に綺麗でした。
家とか、葉っぱとか、背景とか、ドールハウスとか。
手描きにしろ、CGにしろ、描くのが大変だったろうなぁ・・・。


ストーリーに関しては、楽しいようでいて・・・。
切なくて寂しい感じがしました。
あ、でも「借り」に行った時は、大冒険
釘の上を歩いたり、食器棚から降下したり、危険がいっぱい!
家の中なのにスゴイ!って思いました!!


そうそう。
最初、タイトルを聞いた時。
かりぐらし』の意味が分かりませんでした。
その後、字を見て、納得・・・。
ああ「借り暮らし」かぁ、と。
でも、観てたら『狩り』の意味も含んでいるのかな?とも思いました。
彼らにしてみれば、狩りをしているようなモノですよね。


人物は、人間と小人の二種族でしたが。
いつもに比べると少ない登場人物だったのは、良かったです。
自分的には、少人数の作品の方が好き♪
あまり多いとゴチャゴチャして、ワケが分からないので・・・。
だから、これは分かり易かったです。


『小人』なんて、実際にはいないけれど・・・。
「いたらいいな~」とは、思います。
こういう空想上の生き物って、大好き♪
夢があって良いですよね。
ホント、何でいないんだろ・・・。

 



それから・・・声。
まあ大人の事情が、あると思うので・・・。
ここの欄では、普通の意見を・・・。

キャストを見た時、オタクである自分は、当然思います。
「えー、また声優サンじゃないのー?」(*`д´) 

でも、実際観てたら、「あれ?誰が声やってる??」
あまり分からなかったというか、それ程酷く感じなかったというか・・・。
別に悪くない、と思いました。
いつも同じ事を書いてる気もするけど・・・。
不思議と声優サン以外でもイケてしまうんですねぇ。
最初から、「このキャラは、この声なんだ」と思うと違和感無く観れる・・・。


曲は・・・珍しく頭に残りませんでした。
サントラ好きの人間ですが、今回は買わな・・・うーん分かりません。


観に行けて、良かったです。
やっぱり映画館だと、迫力が違いますものね~♪




 以下、だらだらと語り、オタクな感じの感想です。 
   正直な意見や毒素(?)も含まれています。
   若干、ネタばれもあります。    
   見ない事をオススメします。           

続きを読む

テーマ : 借りぐらしのアリエッティ
ジャンル : 映画

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!【映画感想】

公開から、二週間後。
やっと観に行って参りました~♪


七年振りの『踊るシリーズ』なので、期待大
それに応えるかのように、すっごく楽しい内容でした。
二時間以上もあるのに「短い!」と感じるくらい。
何だか物足りなくて「もう終わり?もっと観たい!!」と・・・。(^_^;


※以下、個人的な軽~い感想です。


   踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ

      <2010年 / 141分>


番宣の時に、「青島らしくない青島
という話を聞いていたので、どんな感じなんだろう?
なんて思って観てました。
確かに、そうでしたねぇ。
途中までは、若干違和感がありました。


でも数年経過してるし、人って変わるし、係長になったというし・・・。
まあ、こんなモンかな?と納得。
その後、段々青島らしくなってきて・・・。
懐かしいノリに、やっぱりホッとしました。
ウザいくらい熱~い青島は、最高ですっ!!


うーん・・・こういう時、思うのは。
「もっと早く続編観たかった」
「七年は、待たせ過ぎだよな」
「映画の2・3ではなく、ドラマの2・3が観たかったなぁ」
等々、そんな不満ばかり・・・。
それだけ良い作品という事ですよね。



さて。映画編は、豪華で目が回ります。
有名なキャストが、多いし。
人物もいっぱい出て来るし。
画面での情報は、半端無くあるし。
事件は同時に起きて、複雑に見えるし。


一回観ただけじゃ、多分理解出来てない・・・と思います。
だからこそ、楽しめる作品なんでしょうねぇ。
毎回、新たな発見があるし。
テレビで放送される度に観ても面白いし。
視点を変えて見れば、別の驚きが隠れています。
いつかテレビ放送されたら、また観よう♪♪っと。



内容については・・・。
やっぱり面白かったと表現した方が良いのか?
犯人達に腹が立つ~!と怒った方が良いのか?
金がかかってるなぁ、と驚いた方が良いのか?
現実世界での出来事を上手く処理したと褒めた方が良いのか?

ネタばれしないような感想は、そんなものでしょうか。


んー、でもまぁ・・・。
「病は気から」って、本当だなぁと思いました。
プラス、人の噂って・・・と。(@_@;)
あとは、「演技力が必要だな」とか。
見慣れた湾岸署が変わって寂しいなぁ・・・とか。


しかし一番感じたのは、コレ。
人物が多いので、それぞれの出番が少ないなぁという事。
更なる続編、観たいです!!


続きを読む

テーマ : 踊る大捜査線
ジャンル : 映画

スイートリトルライズ 【映画感想】

チケット

   スイートリトルライズ

        <2010年3月公開/1時間57分>  


先月、知り合いにチケットを貰ったので。
昨日、有楽町スバル座で観てきました。


それで、前日に時間を調べたのですが・・・。
ここでの上映日数と時間にビックリしました!

●3月27日(土)~4月9日(金)
 
●19時20分~21時20分
           (夜1回のみ上映)

3月13日からやってるとはいえ・・・。
ここでは、約二週間しかやらず、一日一回だけ!
焦りました。
危なく見損なうトコロでしたよ~。
・・・にしても、夜一回も困ります。
お陰で、数時間無駄にしました・・・。(;_;)




<感想>

原作は読んでいないので、比べる事が出来ませんが・・・。
自分好みの作品で無いのは、確かでした。


理想な夫婦・・・なのに、お互い別の人と恋をしてしまい・・・。
うーん。
色々な夫婦の形はあるとは思うけど・・・。
現実にもこんな夫婦はいると思うけど・・・。
自分としては、悲しかったです。


一緒に行った母も、
「こういう話は嫌いだ!」
と言っていましたし・・・。


普通の感覚なら、許されない事とは思います。
しかし、最近の世の中は・・・。
非常識が、常識になり。
間違いが、正しい事とされ。
変な世の中になってしまったので、何とも・・・。


他の部分では・・・。
幾つか、どういう事なんだろう?
もっと深い意味があるのかな?
ラストシーンの示す映像って?
と、自分一人では分からないトコロが、少々ありました。


特に意味は無いのか。
軽く考えれば良いのか。
原作を読んだ人のみ分かるのか。
いや、読解力が自分には無いのかもしれません・・・。

続きを読む

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

2012 【映画感想】

丸の内ルーブルで観て来ました。
ここは初めての為、場所が分からず探しまくりましたが・・・。
親切な店員さんのお陰で、見つかりました。有難うございます。


   2012 / 2時間38分

      <2009年作品>


あの映像と迫力は、映画館でないと味わえないと思って劇場へ足を運びました。
やはり予告で見た通り、全てが凄かったです!
「どうやって撮影したのだろう」とか「お金がかかってるな」等々・・・。
そんな事を考えながら、観ておりました。


2012
 「2012」 パンフレット
 
    (700円)

 正方形の形です。
 (写真は背景と同化し、分かり辛いけど・・・)

 もう少し大きい方が、迫力あったかなぁ。



短い感想としては・・・。
「もし本当に現実に起こったら?」
そう思うと、壊れゆく世界を前にし、あまりの恐怖に涙が出て来ました。


「今日も明日も、数年後も十数年後も、永遠に未来が続くに決まってる」
しかし終わりは突然やって来て、考える間も無く世界が消えていく。
時々、頭では思い描くものの、映像を観てしまうとショックが大きかったです。


何も起こらず、平和な世の中が続けば良いけれど・・・。
世界中で発生している異常な出来事を見たり聞いたりすると・・・。
いつかは、終末がやって来てもオカシク無いと思ってしまいます。
マヤの予言だけでなく、他にも色々騒がれているので、尚更です。


主人公達が辿る道は、普通の人には有り得ない事ばかりでしたね・・・。
一般人の自分なら、あっという間に死んでしまいます。
だって、車のシーンからして、ねぇ?あんな運転無理ですよ。
というか・・・「今の死ぬでしょ」と思う場面が多々・・・。(;一_一)
パパも二人いないし、強運も無いし、ね。
万が一切り抜けたとしても、飛行機なんて持っていないし・・・。
(勿論、主人公が真っ先に死んだら話が続かないので仕方ないけど)


そして、やっぱり金持ちと権力者だけの待遇・・・ありましたね。
一般市民は、流されるままなのか?簡単に死ぬしかないのか?
うーん、こういうのって他の映画にもあったけど・・・腹立ちます。
きっと自分は、死ぬのを待つだけでしょう。
でも、「金持ちだけが特別」に見えるのは、ほんの束の間だと思います。(多分)


人物に関しては、この二人が印象に残りました。
暗い話が続く中、ゴードンが笑いを誘い、良かったです。
あと、飛行機を操縦するサーシャがカッコ良かったかなぁ♪


簡単な感想としては、これくらいです。


詳しいストーリー展開は、どうなるのか!?
気になる衝撃のラストとは?
まだ観ていなくて気になる方は、是非、自分の目でお確かめ下さい。

続きを読む

テーマ : 『2012』 
ジャンル : 映画

沈まぬ太陽 【映画感想】

土曜日の映画公開初日。
知り合いにチケットを頂いたので、急きょ観に行くことになりました。
もちろん、お気に入りの映画館 『TOHOシネマズ スカラ座』 です。

   沈まぬ太陽

        <2009年 / 202分>  ※途中休憩あり


原作は未読ですが、聞いていた以上に話が濃厚な映画で、観に行って良かったです。
冒頭から引き込まれ、ラストまで息を吐かせぬ展開に、ハラハラしっ放しでした。
あまりに多くの内容が詰まっていたので、感想を一言で書くのは・・・難しそうです。


沈まぬ太陽
  沈まぬ太陽 パンフレット   
      
         (600円)


  写真が綺麗に撮れていました。
  ツヤツヤした紙のせいでしょうか。
  

  その中で、表紙が一番好きです。 



渡辺謙さん演じる恩地の闘う姿が、凄かったと思います。
真面目に働いて、会社に尽くして、仲間と闘って・・・。
そして、あのような結果になったにもかかわらず・・・。
何度も続く海外赴任先でも頑張って・・・
自分が同じ立場に追いやられたら、多分途中で挫けます。
その前に、最初から会社側につきそう・・・ですが。


だけど、現実でも恩地のように、闘っている人もいますよね。
そう考えたら、決して想像上の話では無いのだと感じました。
こういう姿を見せられると、明日から自分も頑張れ、勇気が持てそうです。


それにしても、「父親は大変だ!」と思いました。
会社での攻撃にも負ける訳にはいかず、家庭の方も気に掛けねばならず・・・。
奥さんが、出来た人で安心しました。
子供も父を理解してくれて、良かったと思います。
父と息子が牛丼を食べるシーンは、ちょっとイイ場面ですね。


会社ってこんなモノだろうし、
似たような経験者が沢山いるだろうから、
それが映像化され、改めて見せられると・・・。
他人事には思えない気がしますよね。
「そういえば、似たような話が!」と母が言っていましたし・・・。


さて、出演者が豪華で驚きました。
その俳優さん達が、それぞれ少しの場面だけなのも贅沢な感じがします。
意外な人が悪役なのもビックリです。
それから・・・嫌な奴を演じると本当に悪人に見えてきます。
役者さんって、スゴイですよねぇ。
顔も中身も全部に腹が立ってきましたもの。
映画だというのに・・・。(^-^;)


忘れてはいけないのが、飛行機事故です。
墜落シーンは非常に怖くて、その後の場面も凍り付きました。
家族の方が遺体を確認するシーンには、涙がこぼれてきます。
そんな事故に対する、企業の対応や裏側は、最低でしたね。
ここでも恩地の仕事っぷりというか、遺族への接し方に感動しました。
恩地は、多分普通の人間で、会社の上層部は壊れた人間なんだろうと思います。
きっと出世していくと、自分の中の人間性が破壊されていくのでしょうね・・・。


ラストは、私的に納得がいき、良かったと思います。
映像も印象に残る物で、熱くなりました。
ただ最初の方の場面を、もう一度観たい気がしました。
過去と現在が、ごちゃごちゃしていたので・・・。


三時間以上もある映画だったのに、そう感じない仕上がりでした。
いつも短いと思うので、これくらいあると丁度良い気がします。
あと、休憩時間に流れたヴァイオリン曲は奇麗でした。
細かいところまで気を配った映画です。


最後に・・・。
内容だけでなく、撮影も大変だったろうなぁと思いました。
海外ロケや飛行機事故・・・etc。
「どうやって撮ってるのだろう?」と頭を悩ますシーンも多かったです。
(まあ大抵そう思うのですが・・・)
いつも観ながら、裏の方まで考えてしまう自分なんです。
多くの人々が関係し、作り上げているのにも感動しますね。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

アマルフィ 女神の報酬 【映画感想】

本日は、映画公開初日。
TOHOシネマズ スカラ座で見て来ました!


     アマルフィ 女神の報酬 
            
              < 2009年 / 125分 >


一言で述べるなら。
想像以上の出来に、鳥肌が立ちました。
芸能ニュースや番組の宣伝で聞いた通りです。
「素晴らしい作品」 といっても、過言ではありません!


アマルフィ
   アマルフィ パンフレット
       (600円)

  紙が二種類使用されていて、豪華な感じ。
  買って、損はしません。
  中身は・・・読んでの、お楽しみです♪




今回の映画は、織田裕二さん主演。
全編イタリアロケ。
福山雅治さんと天海祐希さんも出演。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


それを聞いたら、見に行かない訳には行きません。
早速、前売りチケットを購入し、初日に映画館へ駆け込みました!


それでは、ネタばれしない程度に感想を・・・。


続きを読む

テーマ : アマルフィ
ジャンル : 映画

ROOKIES-卒業- 【映画感想】 

   ROOKIES -卒業- / 137分

      <2009年公開>


公開日から、随分経っているので。
全然いないだろう、空いてるだろう。


と思い、今日観に行って来ました。


しかし・・・。
スカスカな状態を期待していたのに・・・。
意外と人がいてビックリ!


しかも、小学生率が高くて更にビックリ!
想像では、お兄さんとお姉さん率が高い気がしていたから・・・。てろてろ汗


そして、その小学生達の笑いっぷりがおかしかったぁ・・。
ちょっとしたシーンでも大爆笑していて・・・。
やっぱり、無邪気なんだなぁと・・感じました。



さて、本編!
一言でいったら、「笑いあり、涙あり、感動ありの作品」でした。kao06
なんか、ジーンとして元気が貰えた気がします。


原作の漫画は、結局一度も読まなかったけれど・・・。
見なくても十分ついて行けたし、楽しめました。


かえって読まない方がいいかな?
比べなくて済むから・・・。
私的には、大満足のストーリーでした。


主題歌も変わってしまったから、どうかなぁ。
なんて思ってしまいましたが・・・。
もう、全然良くって、CDが欲しくなったくらいです。
あの曲、泣けるよ~。ふるーつ☆Cultivation・ピカピカ青


そうそう、ハンカチ王子みたいな人。
どこかで見たことある・・・と思ったら武田航平さんでしたか!
出演されていると知らなかったので、驚きました~。
髪型も違うから全然分からなかった・・・。
映画の為に切ったのですか!?(違うかしら?)
とにかく、これが一番インパクトありました。


山本裕典君も、なかなかイイ味出していたなぁ。
ドラマから出てれば、もっと良かったのに、と思います。


あっ、でも石田卓也君は知らない子でした。
一瞬、見た気がしたのは気のせいだったみたい・・・。
うーん、でもどっかで見た・・・。(調べよう)



色々と思う事はありましたが・・・。
ネタばれになりそうなので、グッと ガ ・ マ ・ ン !


取り敢えず、「ルーキーズ」を締めくくるには、良い映画でした。
とだけ、記しておきましょう。


テーマ : ROOKIES-卒業-
ジャンル : 映画

プロフィール

※似顔絵ではありません

獅子乙女

Author:獅子乙女
救いようのないOTAKUです。
アニメが中心にまわってます。

漫画やゲームからも離れられません!
キャラクターに一日中萌えてます。
アニソンばかり聴いております。
声優さんを崇拝しています。 

人間として堕落しヤバイです。
ちょっぴり腐敗し危険です。
妄想が大好きです♪

「一般人の振り」
をしている隠れヲタクやってます。

ブログ開設十年!参加してみました♪

気が向いたら、宜しくお願いします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

※毎日更新が目標です

カテゴリ

▼コチラが古い記事となってます♪

月別アーカイブ

※なが~く続けられたらいいなぁ

ブロとも一覧


しまじろうアニメの検証と考察

リンク

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる